SaimaX Topics

イツデモホホエミヲ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
tax advantage
「節税」といったら、必ず出てくる「生命保険」を利用した税金の繰延。スキームはいたって簡単で、毎年納める保険料が積み立て形式で、解約返戻金としてほぼ全額が返ってくるという仕組み。なにが節税かと言えば、毎年納める保険料は損金となって課税対象とならず、一方で納めた保険料は簿外に積立てられていく。当然、解約したときに戻ってくる返戻金は益金となるから、永久的な節税ではなく、繰延の効果が得られるというもの。とは言え、利益を何らかの形でコントロールできるということでは、現行の税制の中で許される大きなスキームだ。
先日、今年の保険プランを提示したところ、思わぬところに質問が出た。提示したスプレットシートには、この先10年間の保険料および返戻金推移と返戻率が記されていた。質問の内容は「10年分払っちゃったらどうなの?」だった。保険の内容や返戻率、掛金総額についての質問かと思えば、10年分の前払いについて。意外な質問に「・・・?」。そこで思い出したのがこの話し。
普通個人の「保険」って月払いが多く、割引対象になる年払にする人も多い。でも「保険」という商品の全額を一括購入するという話は聞いたことがない。
例えば、死亡時に1000万円支払われる10年ものの定期保険の保険料が100万円だとします。これを10年間の年払にすると、例えば毎年11万円の支払となり、保険料総額は110万円(11万円×10年)となります。さらに10年間の月払とすると、毎月1万円となったりして保険料の支払総額は120万円(1万円×12ヶ月×10年)となります。当然分割すればするほど保険料の支払総額は多くなります。
先に、「保険」を一括払いで購入する話を聞いたことがないと触れましたが,そもそも保険屋さんからこの保険の単価は100万円です!なんて説明は聞いたことがないはず。「この保険はこういう保証がついていて、月額1万円です。」と説明されるはずです。
保険は分割払いが当たり前なのは、その方が有利だから。先ほどの例で、単価100万円の保険を一括払いで購入した人が、翌月死亡したとしたら当然1000万円の保険金が支払われます。一方、同じ保険を月払で購入した人が、購入翌月に死亡したとしても保険金として1000万円が支払われます。
後者は保険料を1万円しか支払っていないのにも拘わらず・・・です。
この一見不合理な仕組みが、保険商品特有の保証性ということですが。

保険の仕組みについての話はこの辺にして、今回の質問については、冷静に考えれば、役務提供されていない2年目以降の保険料は前払い保険料として、バランスシートに計上されるだけの話で、何等得することはないと回答して「あーそうか」で終わったのだけど。
ちょっと思い出したので、長々と書いてしまいました。
| saimax | Work | 20:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
期末!
アっという間に期末。
ファイナンス関連の仕事はこれからが本番!
持分法適用だから、締切が早いこと早いこと。
今年は監査法人の担当者が変更になったから、説明する時間も取られる・・・(^^;;

なんて言ってないでチャキチャキ進めなきゃね。
| saimax | Work | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
e-Tax??
政府が推進する電子政府の一環として開始された「e-Tax」。
これが導入されれば、法人税、消費税の確定申告や全ての国税の納付手続がインターネット経由にて手続できるようになるというもの。
以前より地方税である住民税については電子納付手続が可能でしたが、源泉所得税は銀行窓口での納付しかできなかったため、毎月10日の納付期限には銀行へ行かなければならず、面倒だった方も多いはず。
e-Taxが利用できるようになったらこの問題は解消される!と思い、私も手続を進めました。結構面倒な手続が多く、まずは電子証明書の取得から・・・。
ということで、法務局に確認すると、電子証明書の登録のため、企業情報をFDに記録しなければならないとのこと。それで、その記録にはソフトウェアの購入が必要で、いくつか紹介してもらったのですが、価格もまちまち。「やることはひとつなんだから安いのでいいや!」と思ったけど、2番目に安いモノを選択。
それで、無事登録し、FDが作成されたのですぐに法務局に登録へ!
これもまたやっかいで、商業登記とは仕組みが違い、登録したらずっと有効ではなく、有効期限ごとに値段が決められていて・・・。とりあえず1年間分を購入し登録完了!
次はいよいよ税務署に「e-Tax」の開始届を提出。これは意外とスムーズだったけど、「e-Tax」用のソフトウェアが届くまでに1ヶ月くらいかかるとのコト。

それで、待つこと1ヶ月。ようやく届いたソフトウェアをインストールし、利用開始かと思えば、納付する銀行がサービスしている"eバンク"の登録が必要とのこと。まぁ納付するんだからそりゃそうだなと思い、東京三●銀行のBizStatio●というサービスを受けることに(このサービスは以前受けていたのだけど、余りに酷いサービスだったので今年の初めに解約していた)。ということで当該銀行へ電話をし、「e-Tax」への対応状況を確認。すると担当者は「なんですかそれ?」との回答。あまりにびっくりして、「政府が推進している・・・」なんて説明までして。すると「本社に問い合わせてみます」というので連絡を待つこと1時間。その担当者は「当行では、まだ対応できていません。」との回答。正直びっくりした。天下の東京三●銀行が?対応していない??あり得ない。なんて思いましたが、気を取り直し、み●ほ銀行へTel。すると同様に「当行では対応しておりません。」との回答。

なんなんだ「e-Tax」。ホントに浸透するのか?これまでの手続は一体なんだったんだ?途方に暮れた本日でした。
| saimax | Work | 19:18 | - | - |
けいんず。
「問題は新しい考え方にあるのではなく、従来の考え方から抜けられない点にある。」
う〜ん、私のいる会社では、凝り固まった考え方をしている人に対し、「箱に入っている」というように指摘しますが、自分の考えについていつもフラットでいられたり、対立する意見に対しても耳を傾けられるコトってなかなか難しいことです。
自分を律したり、顧みたるする姿勢を大事にしていきたい。
| saimax | Work | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
外形標準課税!?
ずいぶん前から導入が騒がれていましたが、いざその時となってみて慌てているのはわたしだけでしょうか?特にシミュレーションしていないので数字的にはなんとも言えないところですが、資本金はともかく、人件費や賃借料も課税の対象となるとはいかがなものか?法人を利益だけで評価するのではなく、外形的に大きいとか、小さいとかを判断して課税するというのが大義のようですが・・・。
ようやく、景気の回復が力強く(とはいっても、中小企業がそれを感じるにはまだ時間がかかると思われますが)なってきたところで、減速の要因となるのでは??
こういうことは自分自身が実感できる環境にいないとピンとこないものだよなあ。
実感できる環境にいない人たちが決めるのだから不思議。

ところで、私も数年前まで"税金”といえば均等割の住民税しか支払うことのなかった企業に所属していたが嘘のようなのですが・・・。
| saimax | Work | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




このページの先頭へ